未分類

久しぶりのキャンプ 〜 子供が繋げてくれたご縁 ~

皆様は、GWどのように過ごされましたか?

我が家は、2年ぶりにキャンプに行ってきました。
長男の幼稚園の時から仲良くしている4家族16名で集合し、楽しい時間を過ごしました。
幼稚園時代は埼玉に住んでいて、千葉へ引っ越ししてからも毎年会っていました。
去年だけは、スケジュールが合わず会えなかったので、
今年の再会は子供が高揚して喜びにあふれているのが分かりました。
夜は土砂降りの雨でしたが、パーティシェードの中でBBQをしたのも楽しく、
翌日は素晴らしいお天気に恵まれ、青空と木々の緑がいっそう美しく、
五感が刺激されリフレッシュできました。
テレビやインターネット、ゲームの無い時間、
子供も大人も、たくさん会話し笑い合いました。


ー 二日目は素晴らしいお天気! -


ー お友達ファミリーのワンちゃんと憧れの散歩をする娘 -

一般的に、”ママ友” というと、余りポジティブな印象を受けないように感じます。
我が家にとっては、”子供のお友達のご家族”は、無くてはならない存在でした。
クリスマスパーティをしたり、レジャーランドや博物館に出かけたり、沢山の思い出があります。
ママ同士は子育ての悩みや気苦労を語り、労ったり励ましたり。楽しいエピソードにお腹を抱えて笑ったり。
何よりも、子供たちが思いっきり走り回り、のびのびと遊ぶのを皆で見守る事ができました。
一人よりも皆で見守ることで、喜びが大きかったです。
子供は大人から学ぶよりも、子供同士から受ける刺激の方が大きいことを実感しました。

お母さん同士のみならず、パパさんにも小さい頃からいっぱい遊んで貰ったことも良い経験になりました。
今年のキャンプは、子供たちが思春期に入り、男同士対等に、パパたちと語らう時間も多かったです。

お付き合いは、時には悩みの種になることもありますから、
無理してまでお付き合いすることはないと思います。
しかし、お互いの子育ての成長を見守り、労ったり、共感し合える関係が近くにあれば、
とても心強いと思います。
私自身、「一人だと寂しいな…」と思っていたところに、手を振ってお互い駆け寄り、声を掛けられるお友達がいたことで、
心からホッとし、気持ちが安定しました。
そこから学びも大きかったです。
子供たちが繋げてくれたご縁に心から感謝しています。

皆様にも素敵な出会いがありますように。
そして、子育てするご家族が、一瞬でもホッとできるような助産師であるよう、
気持ちに寄り添っていきたいです。