リリコイ助産院について

About リリコイ助産院について

はじめまして。
ご覧いただきありがとうございます。

リリコイ助産院の由来

リリコイ”とは、パッションフルーツのお花のことで、ハワイ語で、
リリコイ”という名で呼ばれています。

ハワイでは、ケーキ、アイスクリーム、バター、ジャム、色々な食べ物に使われますし、大変良い香りなので、石鹸やシャンプーなどにも使用されています。

リリコイ”が、愛娘の名前の一部であり、癒しの意味をこめて、
リリコイ助産院』と名付けました。

一人一人のお母さんと赤ちゃんに寄り添い、大切に関わらせていただきたいと思っております。

お母さんも赤ちゃんも一番くつろげるご自宅で、ゆっくりと対話しながらケアを受けていただき、癒しの時間となるよう心がけております。

プロフィール

助産院

助産師 山本裕子

千葉市新生児訪問指導員
千葉市両親学級講師
千葉市母乳教室講師
日本胎教協会 胎教アドバイザー
商業施設にて育児カウンセリング

【所属】
日本助産師会会員
千葉県助産師会会員
千葉市助産師会会員

同愛記念病院付属助産学科卒業後、
都内大学病院NICU、総合病院産科、助産院勤務。

産科~助産院勤務時代、約500名の赤ちゃんを取り上げました。

産後、母乳で育てたいと希望するお母さん方に寄り添い、アドバイスやケアをしてきました。

助産院勤務では、乳房トラブルに悩むたくさんのお母さんが、母乳外来に来院し、マンツーマンで支援しました。

この時に培った知識と技術が、今でも役に立っています。

立ち止まることなく、今でも日々情報収集と研修に出向き、新しい知識と技術を取り入れ研鑽する毎日です。
その後、埼玉県で子育てしながら専業主婦を6年、夫の地元である千葉市に移り住み6年が経ちます。

現在は、行政や商業施設など様々な場所で、お母さん方の心配事のお話を聞いたり、赤ちゃんが元気に過ごせるようにアドバイス、両親学級講師など、地域助産師として活動しています。

お母さんからのご相談に、試行錯誤し悩みながら寄り添いながら、お話しさせていただいています。

それは私自身が、子育てに悩みながら必死に毎日を過ごしてきたからです。

育児には答えがあるようでない、それぞれのご家族にあったスタイルを探し出せたら、すごく良いと思います。

お母さんが窮屈でなく、お母さん自身もご自分を大切にすること。

赤ちゃんの心の健康を大切に育てていきましょう。

その一助となれるよう、丁寧に、信頼いただける対応を心がけ、日々、心と身体のケアに携わっています。